<第1回>世界に羽ばたくトイメーカー「グッドスマイルカンパニー」の挑戦

<第1回>世界に羽ばたくトイメーカー「グッドスマイルカンパニー」の挑戦

<第1回>世界に羽ばたくトイメーカー「グッドスマイルカンパニー」の挑戦

グッドスマイルカンパニー

玩具・フィギュア・グッズの企画、開発、製造、販売

「ねんどろいど」などの大人気シリーズを軸に、フィギュア業界をトップランナーとして牽引し続ける「グッドスマイルカンパニー」。

 

今回のエピソードは、累計50万個以上出荷の大人気カプセルトイシリーズ「ぴよくる」企画担当である鳥居周平さんに、グッドスマイルカンパニーの歴史や挑戦、「ぴよくる」誕生秘話などについて<全4回>にわたって語っていただきます。

 

◆目次◆

<第1回>世界に羽ばたくトイメーカー「グッドスマイルカンパニー」の挑戦

<第2回>「国産フィギュアの生産拠点」鳥取県・楽月工場立ち上げの舞台裏

<第3回>累計出荷50万個以上。大ヒットカプセルトイ「ぴよくる」が生まれた理由

<第4回>「グッドスマイルカンパニー」を世界中の誰しもが知る世界を創る!

 

◆◇◇◇

>:

あらためて御社の歴史についてお聞かせいただけますか?

 

鳥居:

グッドスマイルカンパニーは2001年5月に会社設立したのですが、実は設立当初はメーカーではなかったんです。アーティストマネジメントやイベント企画などの事業を手がけていました。

 

>:

代表の安藝貴範さん(現社長)がそういったご経歴をお持ちだったのでしょうか?

 

鳥居:

そうですね。エンターテイメントビジネスを幅広く経験しています。

 

 

鳥居:

そんな中で弊社がメーカーへ転身したきっかけは、プロモデラーとしても有名なMAX渡辺さん率いるフィギュア・玩具の企画製造会社「マックスファクトリー」との業務提携です。彼らと手を組みながら玩具のOEM事業を開始したのが2002年のことです。

 

>:

最初はOEM事業からのスタートだったのですね。

 

鳥居:

OEMで実績を積みながら、徐々に自社ブランドの割合を増やしていきました。現在でも弊社の柱である「ねんどろいど」が誕生したのは創業から5年経った2006年のことです。発売当初はシリーズ化の予定は無かったそうですが、第1弾のねんどろいど「ネコアルク 換装!ブーブー顔 編」が想定以上のヒットを記録し、現在にまで続く大人気シリーズになりました。

 

▲ねんどろいど ネコアルク 「換装!ブーブー顔」編(2006年発売)

©TYPE-MOON

 

>:

フィギュアと言えば「ねんどろいど」と言っても過言ではないほど、フィギュア業界を代表するシリーズに成長しましたね。

 

鳥居:

「ねんどろいど」が急成長した背景には、アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱(2006年)」や「初音ミク(2007年)」などの大ヒットが重なった時代背景もありました。おかげさまで「ねんどろいど 初音ミク」は2010年に累計出荷10万個を超える大ヒットを記録しています。コンテンツの時流をしっかり捉えたことが、グッドスマイルカンパニーをフィギュアメーカーとして飛躍させた要因かなと思います。

 

▲大ヒットを記録した「ねんどろいど 初音ミク」(2008年発売)

©Crypton Future Media, INC. www.piapro.net

 

◇◆◇◇

>:

大ヒットコンテンツの立体化だったといはいえ、御社の商品がユーザーにここまで受け入れられた理由はどんなところにあったのでしょうか?

 

鳥居:

弊社の特徴はなんといっても「品質」と「商品展開スピード」です。高品質な商品をお客様が求める最適なタイミングで提供できることが強みとなっています。

 

>:

「品質」と「スピード」を両立させる秘訣はどこにあるのでしょうか?

 

鳥居:

高品質なフィギュアを作る上で肝となるのがフィギュアの原型を作る「原型師」の存在です。弊社は社員として原型師を抱えており、常にフィギュア製造技術を磨き続けています。加えて、外部にも優秀な原型師のネットワークを構築しているため、スピーディに商品を展開することができています。

 

>:

なるほど、そういった優秀な作り手たちが御社の商品を支えているのですね。一方で、商品のクオリティもさることながら、私が「ねんどろいど」の大ヒット時に印象的だったのが「ブログ」でのPR活動です。

 

▲グッドスマイルカンパニーの最新情報が発信される「カホタンブログ(リンク)

 

鳥居:

自社製品の開発状況を女性社員がPRする「ミカタンブログ」がスタートしたのも、「ねんどろいど」が誕生したタイミングと同じ2007年のことでした。たしかに「中の人」が商品PRをするという動きの先駆けになった取り組みかもしれませんね。ブログはいまでも「カホタンブログ」という名前で続く、弊社の重要な広報活動となっています。

 

>:

グッスマ(グッドスマイルカンパニーの略称)さんは「中の人」が積極的に情報発信をされるのが印象的です。鳥居さんも「鳥バード」としてYouTubeなどでご活躍されていますね。

 

▲鳥居さんは「鳥バード」としてYouTube等での発信活動も積極的に行なっている

 

鳥居:

「鳥バード」としての活動は好きでやっています(笑)。弊社には年に2回の「ワンダーフェスティバル」や弊社主催の「ワンホビギャラリー」など、企画担当者とファンの方々が触れ合える機会がたくさんあります。そういった機会は商品PRはもちろんのこと、我々のモチベーションアップにも繋がる貴重な機会なので、積極的に取り組んでいければと思います。

 

◇◇◆◇

>:

グッドスマイルカンパニーの商品は、いまや世界でも大人気となっています。

 

鳥居:

おっしゃる通り、特に中国を中心とするアジア圏向けの販売シェアが、ここ数年で急激に広がっています。また、北米での販売数も非常に伸びています。

 

>:

北米でも急成長されているのですね。

 

鳥居:

少年向けのコンテンツはもちろん人気なのですが、最近のトレンドは「ゲームキャラクター」です。世界的大ヒットを記録したアクションシューティングゲーム「オーバーウォッチ」のねんどろいどを2017年に発売した際には、北米のユーザー内で驚くほど話題になりました。まさに北米市場の急成長を決定づけた、印象的な商品となりました。

 

▲ねんどろいど トレーサー クラシックスキン・エディション(2017年発売)

©2017 Blizzard Entertainment, Inc. All rights reserved. Overwatch, the Overwatch logo, and Blizzard Entertainment are trademarks or registered trademarks of Blizzard Entertainment, Inc. in the US and/or other countries. Visit us at gear.blizzard.com

 

>:

それだけフィギュアに親しむユーザー層が全世界に広がってきたのですね。

 

鳥居:

私が入社した8年前は、フィギュア市場といえば国内シェアが8割以上で、ユーザーはほとんど男性という状況でした。しかし今では海外のシェアも伸びてきて、商品によっては女性ユーザーの方が多い商品もたくさんあります。フィギュアを親しむユーザーはこの数年で急激に多様化してきていると強く感じています。

 

◇◇◇◆

>:

ぜひ今後のグッドスマイルカンパニーの展望をお聞かせください。

 

鳥居:

国内フィギュア市場の中ではそれなりのブランドを確立することができていますが、これまではニッチな高額商品が多かったので、「あらゆる人が知っている」メーカーにはまだなれていません。

 

 

鳥居:

なので、私が担当しているカプセルトイやプラモデルなど、多くの方に手にとっていただける価格の商材開拓が大きなテーマになっています。もっと多くの方に、気軽に、「グッドスマイルカンパニー」の魅力を知っていただける間口を増やしていきたいと考えています。

 

>:

そして海外への展開はますます加速していきそうですね。

 

鳥居:

海外拠点は中国や米国に次々と立ち上げていて、ますます営業・宣伝活動は強化しています。私もそろそろ英語勉強しないとなんて思ってます(笑)

 

>:

グッドスマイルカンパニーの次にステージが楽しみです。

 

鳥居:

私自身、次のステージに向かうためのプロジェクトに携われていることに非常にやりがいを感じています。誰しもが「グッドスマイルカンパニー」という名前を知っている世界を目指して、今後も挑戦し続けたいと思います。

 

◇◇◇◇

今回のエピソードはグッドスマイルカンパニーのこれまで、そしてこれからの挑戦についてお伺いしました。

次回は、鳥居さんも立ち上げに携わられた「鳥取県 楽月工場」立ち上げ秘話について語っていただきます。

 

To be continued <第2回>「国産フィギュアの生産拠点」鳥取県・楽月工場立ち上げの舞台裏

 

協力:グッドスマイルカンパニー

取材・文・写真:小縣拓馬

 

【鳥居さんが企画した「ぴよくる」紹介動画】

 

【是非Episoze公式SNSのフォローもお願いいたします。】

Twitterはこちら

Facebookはこちら

Youtubeチャンネルはこちら

Instagramはこちら

Cheer! を送る
8
<第1回>世界に羽ばたくトイメーカー「グッドスマイルカンパニー」の挑戦

グッドスマイルカンパニー

玩具・フィギュア・グッズの企画、開発、製造、販売

グッドスマイルカンパニーのエピソード