<第3回>累計出荷50万個以上。大ヒットカプセルトイ「ぴよくる」が生まれた理由

<第3回>累計出荷50万個以上。大ヒットカプセルトイ「ぴよくる」が生まれた理由

<第3回>累計出荷50万個以上。大ヒットカプセルトイ「ぴよくる」が生まれた理由

グッドスマイルカンパニー

玩具・フィギュア・グッズの企画、開発、製造、販売

「ねんどろいど」などの大人気シリーズを軸に、フィギュア業界をトップランナーとして牽引し続ける「グッドスマイルカンパニー」。

 

今回のエピソードは、累計50万個以上出荷の大人気カプセルトイシリーズ「ぴよくる」企画担当である鳥居周平さんに、グッドスマイルカンパニーの歴史や挑戦、「ぴよくる」誕生秘話などについて<全4回>にわたって語っていただきます。

 

◆目次◆

<第1回>世界に羽ばたくトイメーカー「グッドスマイルカンパニー」の挑戦

<第2回>「国産フィギュアの生産拠点」鳥取県・楽月工場立ち上げの舞台裏

<第3回>累計出荷50万個以上。大ヒットカプセルトイ「ぴよくる」が生まれた理由

<第4回>「グッドスマイルカンパニー」を世界中の誰しもが知る世界を創る!

 

◆◇◇◇

>:

今回は鳥居さんが企画を担当されているカプセルトイシリーズ「ぴよくる」誕生の背景についてお聞かせください。

 

 

鳥居:

前回>、鳥取工場立ち上げの話をさせていただきましたが、実はその鳥取にいた頃に考えていた企画が「ぴよくる」の原案になっています。

 

 

鳥居:

立ち上げ当初の鳥取工場は少しでも商品開発スケジュールにズレがあると、スタッフ稼働率が大きく下がってしまうような不安定な状況でした。そこで、生産の隙間時間にパッと作って出荷できるような、コンパクトな商材の必要性を感じていたんです。

 

>:

工場の安定化が着想の原点だったとは意外でした。

 

鳥居:

当時、私は製造部に所属していたので「工場を軌道にのせること」が最大ミッションだったんです。そんな「ぴよくる」の企画を考え始めたタイミングと時を同じくして、鳥取工場がある程度軌道に乗ったということで私は企画部に異動しました。

 

◇◆◇◇

>:

製造部と企画部では、企画立案の視点が異なりそうです。

 

鳥居:

ちょうど会社全体のテーマとして「カプセルトイの強化」が掲げられていました。グッドスマイルカンパニーの商材はどうしてもハイエンドの商材が多く、「入門編」のような商材が不足していたからです。

 

▲社内プレゼン用に鳥居さんが作った「ぴよくる」の試作品

 

鳥居:

そこで、もともとカプセルトイとして企画したわけではありませんでしたが、鳥取工場時代に考えた「ぴよくる」をカプセルトイ向けに提案したんです。その時に作った試作品サンプルがこれです。

 

>:

最終製品と形状はかなり近いですね。

 

鳥居:

初期サンプルには髪の毛のパーツなどがついていますが、試行錯誤を経てカプセルトイに適した現在の形に落ち着きました。いつも「ハイクオリティ」を追求ばかりしている反動で、逆に「カプセルトイを作る」ノウハウがなかったのが苦労したポイントでしたね。

 

◇◇◆◇

>:

ぜひ「ぴよくる」の開発こだわりポイントをお教えください。

 

鳥居:

なんといっても「ぴよくる」の原型制作を担当してくださった坪島悠貴さんの力は大きいです。坪島さんは普段「トランスフォームする金工作品」など手がける作家として活動されていて今回初めてお仕事させていただいたのですが、彼が私のイメージを次々と具現化してくださいました。

 

▲「ぴよくる」の構造検討資料

 

>:

鳥居さんが作られた試作品の時点でかなり最終形に近かったような気もしました。

 

鳥居:

私が最初に作った試作品には「ワンプッシュ展開」の機能なんて無くて、殻とフィギュアがバネで繋がっているだけの簡単なものでした。ただ実際の商品企画に落とし込む段階で「殻を綺麗な卵型にできたらなぁ」「殻を押したらワンプッシュでフィギュアが出てきたら面白そう」と私が好きなように言う意見を汲んでくださり、坪島さんが原型に落とし込んでくださいました。

 

 

鳥居:

なので坪島さんの存在なくして「ぴよくる」誕生は無かったですし、今後も一緒に面白い展開を作っていけたらなと思います。

 

◇◇◇◆

>:

お客様の「ぴよくる」に対する反応はいかがでしたか?

 

鳥居:

おかげさまで累計50万個以上出荷した人気シリーズとなりました。実は金型というのは50〜60万個商品を成形するのが限界と言われていて、そのタイミングに合わせて「ぴよくる」のさらなる機構アップデートも予定しています。

 

▲「ぴよくる」アップデートに向けた機構検討サンプル

 

鳥居:

具体的に言うと、現在「ぴよくる」は卵型に戻す際にひとひねりが必要なのですが、この部分も「ワンプッシュ」で実現できないかと検討しています。さらに進化した「ぴよくる」を楽しみにしていてください。

 

>:

今後のキャラクター展開も楽しみです。

 

鳥居:

「はたらく細胞01」と「ペルソナ5」が新弾としてまもなく発売予定です。今まで発売した「ぴよくる」をずらりと並べるとなかなか壮観なので、ぜひこれからもたくさん集めていただけると嬉しいですね。

 

 

◇◇◇◇

グッドスマイルカンパニーのカプセルトイを牽引する「ぴよくる」誕生の背景には、意外な狙いが隠されていました。

 

次回、鳥居さんご自身が歩んでこられた道のりと、今後の挑戦について語っていただきます。

 

To be continued <第4回>「グッドスマイルカンパニー」を世界中の誰しもが知る世界を創る!

 

協力:グッドスマイルカンパニー

取材・文・写真:小縣拓馬

 

【鳥居さんが企画した「ぴよくる」紹介動画】

 

【是非Episoze公式SNSのフォローもお願いいたします。】

Twitterはこちら

Facebookはこちら

Youtubeチャンネルはこちら

Instagramはこちら

Cheer! を送る
30
<第3回>累計出荷50万個以上。大ヒットカプセルトイ「ぴよくる」が生まれた理由

グッドスマイルカンパニー

玩具・フィギュア・グッズの企画、開発、製造、販売

グッドスマイルカンパニーのエピソード