<第3回>「ものづくりは人づくり」。プラモデルに込めたメッセージ

<第3回>「ものづくりは人づくり」。プラモデルに込めたメッセージ

<第3回>「ものづくりは人づくり」。プラモデルに込めたメッセージ

スタジオユーワ

プラスチックモデルシリーズ

アニメも漫画も無い。そんな中で突如としてプラモデルとして登場した静岡の「サル」がジワジワと人気を集めている。その名も「プラモザル 」。

 

今回は本業はデザイン会社でありながら、プラモデルの企画も手がけるスタジオユーワ 代表の望月剛宏さんに、<全3回>にわたって、「プラモザル」誕生秘話や、新シリーズ「チョトプラモ」開発の舞台裏などについて語っていただきます。

 

◆目次◆

<第1回>想定外のプラモデル化?密かに人気を集める「プラモザル」誕生物語

<第2回>地域・企業応援プラモデル「チョトプラモ 」シリーズ開発の舞台裏

<第3回>「ものづくりは人づくり」。プラモデルに込めたメッセージ

 

◆◇◇◇
>:
今回は、望月さんのここまで歩まれてきた道のりを少しお伺いできればと思います。

 

望月:

私は静岡県清水市(現:静岡市清水区)で生まれ、静岡市で育った生粋の静岡っ子です。小学生の頃はイマイ科学さんのプラモデル「ロボダッチ」が大好きで、毎日のように作っては友達と遊んでいました。

 

 

望月:

イマイ科学さんの物流センターが自宅の近くにできた時には、あまりの嬉しさに建物の周りを何周も走り回っていたほどです(笑)

 

>:
さすが静岡っ子、という幼少期を過ごされたのですね。デザインに関してはいつ頃から興味を持たれたのでしょうか?

 

望月:

中学の頃から美術部の部長をやっていたほど、絵を描くのは好きでした。子供の頃の夢は「漫画家」になることでしたね。その後、高校は静岡県立静岡工業高等学校(現・静岡県立科学技術高等学校)の機械科に入学しました。高校時代はプラモデルではなくゲームにどっぷりハマり、我ながら勉強をしない学生だったと思います(笑)

 

◇◆◇◇

>:
そこからどのような進路を進まれたのでしょうか?

 

 

望月:

当時はまだ人不足の時代だったこともあり、運良く地元の模型メーカーに入社することができました。

 

>:
模型メーカーに入社後は、どのような仕事をされていたのでしょうか?

 

望月:

最初に配属されたのは物流センターで配送を担当する部署でした。ただ、「デザインに興味がある」と私が言ったことを聞き入れてくれた上司が「半年でデザインの部署に異動させる」と言ってくださったんです。

 

>:
デザインに興味はあるものの、専門的に勉強されていたわけではありませんよね?

 

望月:

そうですね。なので会社のデザインをすべて管轄されていた顧問デザイナーの先生の指示のもと、週に一度、デザインの課題を提出するという日々が半年続きました。昼は出荷の仕事をしながら、夜はデザインの課題をやっていたのです。

 

◇◇◆◇

>:
クリエイティブな会社ならではの素晴らしい育成体制ですね。

 

望月:

とはいえ、半年やったくらいですぐにプロになれるほど甘くはありません。デザインの部署に配属された後も、毎日のように怒られていましたね(笑)

 

>:
振り返って、なにか思い出深い仕事をお聞かせください。

 

望月:

マンガとタイアップしている商品パッケージに載っているキャラクターの絵などを描いていたのは今でも自慢ですね。漫画家さんのキャラクター絵をもとに、パッケージに合わせて手書きで描いていました。

 

>:
その後、なぜ会社を退職されたのでしょうか?

 

望月:

30歳くらいのタイミングで、幼少期からの夢であった「漫画家になりたい」と言って退職しました。実際に、出版社さんにもいくつか作品を持っていったこともありました。今思うと、お恥ずかしいレベルの作品でしたが、、(笑)

 

 

望月:

結果的には漫画家になることを諦め、地元の印刷会社で就職することを決意します。そこでの経験が、今のスタジオユーワの事業につながっています。

 

◇◇◆◇

>:
紆余曲折を経ているものの、すべての経験が繋がって今の状態にたどり着かれたのですね。

 

望月:

そうですね。独立して8年、いまだにうまくいかないことばかりですが、直にお客様とやりとりさせていただくのが楽しくて、ここまで続けることができています。

 

>:
ぜひ今後の目標を聞かせてください。

 

望月:

「チョトプラモ」をはじめとして、商品展開をさらに増やしていきたいです。その中でも、「ものに依存しないものづくり」というのが私のテーマです。

 

>:
ものに依存しない、とはどういう意味でしょうか。

 

望月:

「人づくり」があってこそ「ものづくり」が存在します。私がチラシ屋の感覚を持っているからこそ、ものの価値を超えたメッセージを、商品を通して伝えていきたいと思っています。

 

 

望月:

プラモデルを作ったことのない人、そもそも知らない人が世の中にはたくさんいます。なので、そういった方々が、少しでもプラモデルの世界に入ってきてもらえるような存在を目指して、これからも頑張っていきたいと思います。

 

◇◇◇◇

デザイン会社でありながら、プラモデルメーカーとしても挑戦を続ける異色のメーカー「スタジオユーワ」

 

「プラモザル」「チョトプラモ」シリーズなど、彼らの今後の展開に期待しましょう!応援します!Cheer!

 

取材・文・写真:小縣拓馬

 

 

【是非Episoze公式SNSのフォローもお願いいたします。】

Twitterはこちら

Facebookはこちら

Youtubeチャンネルはこちら

Instagramはこちら

Cheer! を送る
12
<第3回>「ものづくりは人づくり」。プラモデルに込めたメッセージ

スタジオユーワ

プラスチックモデルシリーズ

スタジオユーワのエピソード