<第2回>45周年「HAPPY TRIP MONCHHICHI」で広がる輪

<第2回>45周年「HAPPY TRIP MONCHHICHI」で広がる輪

<第2回>45周年「HAPPY TRIP MONCHHICHI」で広がる輪

モンチッチ

キャラクターぬいぐるみ

30周年で結婚し、40周年ではゴールドモンチッチなどの記念商品も誕生したモンチッチ。

45周年の今年は、「TRIP」がテーマです。モンチッチが旅をする!?その真意に迫ります。

 

 

 

◆目次◆

<第1回>45年間愛され続ける「モンチッチ」の魅力

<第2回>45周年「HAPPY TRIP MONCHHICHI」で広がる輪

<第3回>「かわいい」は正義!モンチッチの魅力とこれから

 

◆◇◇◇

>:

モンチッチ45周年の企画「HAPPY TRIP MONCHHICHI」についておうかがいしたいと思います。

 

幡野:

30周年の結婚から10年後、40周年では「ずっと仲がいい」という継続的な意味合いから「LOVE」というテーマが生まれました。それから5年経つわけですが、これから50周年、100周年まで行けるように、モンチッチの普遍的かわいさを小さいお子さん含めて多くの方に知っていただこうということで、モンチッチがみんなに会いに行く「HAPPY TRIP MONCHHICHI」というテーマを作りました。

 

▲マーケティング部マネージャー 幡野友紀さん

 

野田:

45周年を機に、モンチッチを見ていただける場やイベントを増やしたいと思っています。かわいいものを作るのは当たり前として、どうやったらもっとモンチッチに触れてもらえるか、というのを重要視しています。

 

▲企画開発室 マネージャー 野田涼子さん

 

野田:

45周年は入り口で、それを皮切りに50周年を目指し、モンチッチが自ら色々な人のところに行く・・・という気持ちを込めての「TRIP」なんです。

 

▲45周年となるモンチッチ。TRIPらしく、手づくりくまさん「Kippu」のカバンを携えています。

 

▲TRIPをテーマに、スーツケースに入ったモンチッチ。一緒に旅行に行くのも楽しいかもしれませんね!

 

>:

各地でイベントも開催されているのですか?

 

幡野:

現在は横浜の人形の家で「モンチッチ テン 45周年記念展」(5月12日まで開催 http://www.doll-museum.jp/4322)が行われていますし、お店でも催事をやっていただいています。モンチッチが生まれたここ葛飾区とのコラボでは、駅付近にモンチッチがたくさんデザインされています。

 

▲セキグチ本社の最寄駅には「モンチッチに会えるまち」の看板

 

▲会社付近にはモンチッチ公園が!

 

▲モンチッチ公園には、モンチッチの顔や・・・

 

▲トイレの窓からモンチッチが顔を出しています。

 

>:

広く知ってもらうという意味では、海外ではCGアニメにも取り組まれていますよね?

 

野田:

モンチッチ自体は1975年から海外で販売していますので日本と同じくらい認知度は高くて、特にお人形の本場であるフランスでは非常に根付いているんです。

 

>:

地域によって打ち出し方の差はあるのでしょうか?

 

幡野:

ヨーロッパでは日本のようにかわいいトイを大人が買うという市場が大きくないので、アニメなどで完全にお子様向けの打ち出し方をしています。フランスで立ち上げたアニメのプロジェクトはヨーロッパや南アフリカを含めて約30カ国で放送いただいています。おかげさまで好評とのことで、シーズン2も決まりそうです。

 

>:

「TRIP」ではないですが、世界にも幅広くということですね。

 

野田:

実は私自身、入社前はそれほどモンチッチが身近な存在ではなかったんです。でも、モンチッチって、何か取り込む力があるといいますか、一度手にとったら絶対にハマってしまう魅力があります。ですから、もっと色々な人に知っていただきたいし、手にとって遊んでいただきたいですね。

 

 

◆◇◇◇

45周年はモンチッチが「会いに来てくれる」!モンチッチが色々なところを旅している想像をするだけでも楽しいですね。

次回は、野田さん、幡野さんのモンチッチに対する想いと、今後の展開についておうかがいします。 <第3回>「かわいい」は正義!モンチッチの魅力とこれから

 

文:吉川大郎

取材・写真:小縣拓馬

Cheer! を送る
4
<第2回>45周年「HAPPY TRIP MONCHHICHI」で広がる輪

モンチッチ

キャラクターぬいぐるみ

モンチッチのエピソード