<第1回>オビツ製作所社長・尾櫃充代が語る —創業秘話と50年の歩み—

<第1回>オビツ製作所社長・尾櫃充代が語る —創業秘話と50年の歩み—

<第1回>オビツ製作所社長・尾櫃充代が語る —創業秘話と50年の歩み—

オビツ製作所

フィギュア・人形等の製造・販売

東京都葛飾区の地場産業として、世界に「オビツボディ®︎」をはじめとした玩具を発信し続けるオビツ製作所。

個人創業が1966年、法人化したのが1970年という老舗企業である同社は、先代社長時代から守り抜いてきた卓越した職人技術が必要とされる「スラッシュ成型」及び「ローテーション成型」で製作された商品を軸に、様々な商品製造を行っています。

今回は創業時から同社を牽引し続ける代表取締役社長の尾櫃充代さんとともに、オビツ製作所の歴史を振り返ります。

 

◆目次◆

<第1回>オビツ製作所社長・尾櫃充代が語る ー創業秘話と50年の歩みー

<第2回>葛飾区の地場産業として ーオビツボディ®︎とスラッシュ成形ー

 

◆◇◇◇

>:

オビツ製作所さんは、1966年創業ですよね?その歴史と事業を教えてください。

 

 

尾櫃充代(以下、尾櫃):

創業から50年以上経ちますが、紆余曲折ありました。創業当初は玩具の輸出業をしていました。大臣から輸出貢献企業として表彰されたりもしましたね。当時玩具は、日本の輸出ではトップクラスの分野だったんですよ。

 

>:

先代社長(創業者:故・尾櫃三郎氏)とお二人で始められたのですか?

 

尾櫃:

そうです。あの頃は輸出する商品の段ボールがいっぱいある部屋で、段ボールの上でご飯を食べたりね(笑)。輸出の商売は税関を通ったらすぐにお金になるので、先代は「輸出の商売はいい」と言っていましたね。輸出業は5、6年くらい続きました。

 

>:

その後自社製品を作り始めたということですね?元から職人さんの会社として始まったのかと思っていました。

 

尾櫃:

いきなり製造は難しいからということで、当時盛んだった輸出をやったのがオビツ製作所の始まりです。ただ、その後だんだん輸出は下火になってきたタイミングで、元々モノ作りが好きだったこともあり、自社生産を始めました。先代は、「モノ作りというのは絶対になくならない」とよく言っていましたね。

 

>:

最初はどのような商品を作っていたのでしょうか?

 

尾櫃:

観光ブームの頃はお土産、今はオビツボディ®︎をはじめとするドール素体がメインになったりと、時代時代に合ったものをやってきました。一方で「オビツキューピー」に関してはずっとやっていますね。

 

▲オビツキューピークリア

 

▲3.5cmから64cmまで、14種の豊富なサイズバリエーションが揃う

 

>:

「オビツキューピー」はどうして始められたんですか?

 

尾櫃:

40年くらい前に始めたと思うのですが、以前キューピー人形はセルロイドで作られていました。ただセルロイドは燃えると危険だということで、「スラッシュ成形」を活用してソフトビニールで作ったらどうかということで作ったんです。

 

>:

それが40年以上続く人気シリーズになったのですね。

 

尾櫃:

オビツキューピーは爆発的には売れません。けれども、いつの時代も安定して売れる。だから先代も「注文が来たらいつでも出せるようにオビツキューピーだけは作っておけよ」って。職人たちも手が空いたらオビツキューピーを作っています。

 

>:

御社のホームページに、創業以来「営業」することなく仕事依頼を受け続けているという記述がありました。

 

尾櫃:

営業は昔から当社にはいません。どこかに持って行って「これどうですか?」と売り込んで買っていただく商品じゃないですから。

お客さんにご来訪いただき、制作事例をお目にかけながら説明して、納得いただいて、商品を作る。これが創業時から変わらぬ私たちのものづくりです。

 

◆◇◇◇

尾櫃さんのお話を伺っていると、先代社長から引き継がれた「モノ作り」という「商売」に対する、老練で冷静な哲学のようなものが垣間見られました。

そこには、現代の、ホビービジネスのマジックワードである「好き」はひと言も出てきません。ゆえに、逆に顧客や市場の要求を誠実に汲み取った試みが可能になるのかもしれません。

 

次回は、オビツ製作所の看板ともいえる「オビツボディ」やメイド・イン・ジャパンへのこだわりをおうかがいします。

<第2回>葛飾区の地場産業として ーオビツボディ®︎とスラッシュ成形ー

 

文:吉川大郎

取材・写真:小縣拓馬

 

OBITSU展 開催

【 場 所 】レーベルショップ秋葉原ギャラリースペース

【開催期間】2019年6月1日(土)~6月30日(日)

 

【是非Episoze公式SNSのフォローもお願いいたします。】

Twitterはこちら

Facebookはこちら

Youtubeチャンネルはこちら

Instagramはこちら

Cheer! を送る
4
<第1回>オビツ製作所社長・尾櫃充代が語る —創業秘話と50年の歩み—

オビツ製作所

フィギュア・人形等の製造・販売

オビツ製作所のエピソード