<第2回>『少女終末旅行』、キット誕生秘話。

<第2回>『少女終末旅行』、キット誕生秘話。

<第2回>『少女終末旅行』、キット誕生秘話。

プラッツ PLATZ

プラスチックモデルの企画・開発・輸入・販売

◆◇◇◇

>:

接着剤を使うプラモデルを組み立てたことのない青山さんが、なぜプラッツに入社されたんでしょう?

 

 

青山:

「僕は『スタートレック』や『バットマン』といった海外映画が大好きなんです。そういったキャラクター商品を多く扱っていることに興味を惹かれました。」

 

>:

なかなかお若いのに渋いですね。

 

青山:

「気になる映画が公開されれば、3度も4度も観に行くような根っからの映画好きですね。」

 

>:

アニメはいかがですか?

 

青山:

「アニメも観ますよ。好きなアニメは、昔のアニメから最近流行りのアニメなど好きですし、子供向けから大人向けまで何でも好きですね。」

 

>:

守備範囲広いですね(笑)。

 

青山:

「ですね(笑)。趣味が仕事の情報収集にもつながっています。」

 

◇◆◇◇

>:

具体的な業務はどのようなことをなされていますか?

 

 

青山:

「営業を軸としながら、企画・広報にも携わっています。業務範囲は本当に幅広いですね。」

 

>:

業務の中で、プラモデルをつくるのも上手くなりましたか?

 

青山:

「最初に戦車をつくった時は、接着剤でドロドロに溶かしてしまうくらい初心者でした(笑)

 

>:

それは親近感が湧きます(笑)。

 

青山:

「店頭ディスプレイ用のサンプルを何台も組み立てる仕事をへて、気づいたら上達していましたね。やり方さえ覚えればそんなに難しいものではありません。いまでは戦車の種類もすぐに言い当てられます(笑)」

 

◇◇◆◇

>:

商品企画もされているということですが、最近企画された商品をお聞かせください。

 

 

青山:

「最近企画を担当したのが、2017年に放送された話題アニメ『少女終末旅行』のフィギュアつきキットです。」

 

>:

少女・終末・旅行、ですか。

 

 

青山:

「簡単に言うと、戦争後の終末の世界で、 二人だけになってしまった少女たちが、『ケッテンクラート』という半装軌車に乗りながら新たな発見や出会いをする様を描く、終末ファンタジーアニメです。

 

>:

わかりやすい説明をありがとうございます(笑)なんだか面白そうです。

 

青山:

「終末の世界なんで、登場人物も少ないんですよ。 」

 

>:

青山さんが企画の提案もされたんですか?

 

青山:

「はい。個人的にアニメをみて注目していて、企画立案しました。版権元様にも直接連絡して許諾をもらいにいきましたね。」

 

>:

そこまでやられるんですね。商品の概要をお聞かせください。

 

青山:

「メインとなる半装軌車の『ケッテンクラート』は、弊社が輸入代理をしているドラゴンモデルズさんのキットをベースに、アニメを再現する新規パーツを付け加えました。それに、新規造形で、主役であるチトとユーリのフィギュアを付属しています。

 

▲ユーリのフィギュア。

 

>:

特にこだわったポイントはどこでしょうか?

 

青山:

「一番こだわったのはフィギュアのポーズですね。細かくて再現するには難しい仕様だったのですが、原型師さんに無理言ってお願いして作っていただきました。」

 

>:

たしかに、めちゃくちゃ細かいですね。

 

▲ユーリのヘルメットの凹凸とフードのもふもふ感に注目!

 

青山:

ヘルメットのマークも、キットに凹凸をつけて再現していますし、フードのもふもふ感も拘りポイントですね。」

 

>:

お客様の反応はいかがでしたか?

 

青山:

「おかげさまで、5月の静岡ホビーショーで展示した試作品は、アニメファンの方々に非常に好評でした。また新しいお客様が楽しんでくれると嬉しいですね。」

 

◇◇◇◆

>:

唐突ですが、青山さんが仕事をしていて一番嬉しい瞬間はなんですか?

 

 

青山:

「やはり展示会などで、お客様と直接交流する瞬間ですね。メーカーはどうしてもメーカー視点になりがちなので、ユーザーのみなさんが何を求めているのか知れるのが嬉しい。」

 

>:

自分の企画した商品ならなおさらでしょうね。

 

青山:

「はい。自分が一番最初に企画した『ガールズ&パンツァー』の商品をお客様に褒めていただいた時は、本当に嬉しかったですね。」

(つづきます)

 

◇◇◇◇

青山さんの目標は「自分らしい商品でお客様に喜んでもらうこと」次は一体どんな商品がとびだすのでしょうか?プラッツを牽引する若き力に、今後も注目です。

 

To be continued <第3回>盆栽が、プラモデルになりました。

取材・文・写真:小縣拓馬

Cheer! を送る
1
<第2回>『少女終末旅行』、キット誕生秘話。

プラッツ PLATZ

プラスチックモデルの企画・開発・輸入・販売

プラッツ PLATZのエピソード