<第2回>世界的ヒットを「続ける」ために必要なこと

<第2回>世界的ヒットを「続ける」ために必要なこと

<第2回>世界的ヒットを「続ける」ために必要なこと

Force of Will

トレーディングカードゲーム

◆◇◇◇

>:

前回>は、「Force of Will」の世界的ヒットまでの道のりを伺いました。今回はヒットのその後、の話をお伺いできればと思います。

 

 

宍戸:

「企業経営というのは課題の連続です。ちょっと多すぎるかな、とは思いますけれど、、(笑)」

 

>:

どのような課題でしょうか?

 

宍戸:

「大きくは2つあります。1つめは、世界中のユーザーの声を聞き、商品仕様や施策に反映するサイクルがつくれていないこと。マーケットの声が聞けていないため、商品と顧客ニーズとのギャップが出てきてしまいました。

 

>:

世界各国で状況が異なる中、ユーザーの声を拾うことは相当労力がかかりそうです。

 

宍戸:

「そうですね。何が良くて何が悪かったのか、という情報が把握できていなかったんです。」

 

宍戸:

「課題の2つめは、我々の事業に対する動機が希薄だったこと。私の場合は『やってみる』という動機からスタートしたので、ゲームを通してつくりたい世界観の共有がなされないまま進んでしまっていました。

 

 

宍戸:

特に海外の方々は、ゲームといえど真剣に取り組む文化です。自分の趣味を誇りに思っているし、アピールもする。なので、応援している会社やゲームが誇るに値するのか、という部分を非常に見られます。これは日本の文化との大きな違いです。」

 

◇◆◇◇

>:

それらの課題に対して、どのようなに取り組まれていますか?

 

宍戸:

「私は年の半分以上、世界中を飛び回ってきました。回っている量だけでいうと、日本人ではトップクラスである自負があります。でも、現地で拾ったユーザーの声を、開発メンバーに還元するということができていなかった。これはひとえに、私のゲームに対する見識不足によるものです。」

 

>:

ゲームは非常に複雑なバランスのうえに成り立っていますものね。

 

宍戸:

「そうなんです。なので私のフィルターを通してしまうと、現地の熱量が開発メンバーに伝わらないということが起きていた。これに関しては、ようやく最近私の見識が追いついてきました。」

 

 

宍戸:

「あとはデータを定量的に分析すること。こちらもリサーチチームを発足し、ようやく体制が整ってきたところです。」

 

◇◇◆◇

>:

「世界観の共有」に関してはいかがでしょう。

 

宍戸:

「ちょうど今年のはじめに、会社のメッセージとして『Founding Beliefs/創設の理念』を対外的に発表したところです。

 

 

宍戸:

「ここでは、素直にいま出来ていないこと、課題として捉えていることを伝えたうえで、ユーザーと一緒につくっていきたい世界観を発表しました。」

 

>:

自分たちの課題を表明することは勇気のいることだと思います。

 

 

宍戸:

「日本人は作り手の思いはあまり出したがらない傾向がありますよね。でも海外では、信念を表明することが重要です。そしてゲームを運営する以上、ひとつひとつの行動に説明責任が発生します。

 

◇◇◇◆

>:

まさに、今年が再スタートの年ですね。

 

宍戸:

「冒頭に事業の誕生のことを『できちゃった婚』と言いましたけれど、ようやく子供に対して、親としての覚悟が決まった、というのが今年です。これまでは、事業家として未熟だったと思っています。」

 

>:

事業を変えるために、まず宍戸さんご自身が変わろうとされています。

 

宍戸:

「先日、とある経営者の先輩に『お前はいま精神的成人を迎えたということ。俺は45歳のときだったから、俺より早かったね』と言われて、その通りだなと。」

 

 

宍戸:

生み出すだけではなくて、しっかりと育て続けていくこと。自分たちの商品に責任を持ち続けること。これはとても難しいことですが、支えてくれるユーザーがいる限り、諦めずに頑張っていきます。」

 

 

◇◇◇◇

ひとたび出た人気を、維持し続けるのはとても難しいこと。しかも世界中で、となるとなおさらでしょう。「Force of Will」のチャレンジに、これからも目が離せません。

 

次回は日本と世界の違い、そして宍戸さんの思いに迫ります。

 

To be continued  <第3回>「意志/WILL」さえあれば、必ず道はひらく

 

取材・文・写真:小縣拓馬

 

【是非Episoze公式SNSのフォローもお願いいたします。】

Twitterはこちら

Facebookはこちら

Cheer! を送る
2
<第2回>世界的ヒットを「続ける」ために必要なこと

Force of Will

トレーディングカードゲーム

Force of Willのエピソード