<第3回>「意志/WILL」さえあれば、必ず道はひらく

<第3回>「意志/WILL」さえあれば、必ず道はひらく

<第3回>「意志/WILL」さえあれば、必ず道はひらく

Force of Will

トレーディングカードゲーム

◆◇◇◇

>:

世界中を飛び回り続けている宍戸さんからすると、日本のものづくりはどう見えていますか?

 

宍戸:

「私は日本のゲームやエンタメは世界で通用すると思っていますし、この領域を失うと、この国に誇れるものがほとんど無くなるのではないかという危機感を持っています。」

 

>:

通用するために重要なことはなんでしょうか?

 

宍戸:

良いゲームを作って終わりではなくて、ちゃんと世界の人と繋がり、向き合い続けないといけません。日本のメーカーはどうしても内にこもりがちで、海外の人からすると『日本ってやりっぱなしだよね』と思われがちです。」

 

>:

ガラパゴス、と言われてしまう所以ですね。

 

宍戸:

「私は年の半分以上を海外巡業に費やしていますが、行って挨拶するだけでも珍しがられます。日本人はそれほど『来ない』と思われているからです。」

 

 

宍戸:

「もうひとつ挙げるとすると、商習慣の違いもあります。日本ってゲームでも番組でも1年で終わり、というパターンがほとんどですよね。でも海外は、ひとつのコンテンツが長く愛される傾向がある。新しいことが重要なのではなくて、良いものと長く付きあっていきたいんです。

 

>:

そうすると、どうしても日本と海外では求められる商品が異なってきますね。

 

宍戸:

「はい。そして継続していくほうが本質的だからこそ、事業運営は本当に大変です。日本の中で商売しようとするなら、新しいゲームをどんどん出すのが正解なのでしょうが、それを続けていては、いつまでたっても世界では通用しません。」

 

◇◆◇◇

>:

ほかに、日本と世界の違いをお聞かせいただけますか?

 

 

宍戸:

「日本は商品を売るだけでも、ユーザーがほぼ同じ認識を持ってくれますが、様々な人種や文化が入り混じる海外ではそうは行きません。みんなの共通認識をつくるために、文書にしてルールを表明する必要があります。

 

>:

暗黙の了解、的な考え方が海外には無いわけですね。

 

宍戸:

「そうです。訴訟社会ですから、誰かの頭の中にあるだけでは意味を持ちません。」

 

>:

北米・ヨーロッパ・アジアと、文化の異なる国々で共通認識を醸成するのは本当に大変そうです。

 

宍戸:

「はい。日本企業は、商品の裏にある狙いや思いを表現しないことが多いですが、海外ではそれをどんどんと発信することが求められます。我々も開発メンバーは日本人ですので、そのギャップを埋めていかないと世界で戦い続けることはできません。」

 

◇◇◆◇

>:

宍戸さんが「Force of Will」を通して成し遂げたいことをお聞かせください。

 

 

宍戸:

「今でもこれだけ多くの方々に支持いただいているシリーズなので、これを決して止めてはいけない。遊んでくれている人がいる限り、続けていくのが日本の企業としての、世界に対する責任だと考えています。

 

 

宍戸:

「なので短期的な成功よりも、世界で長い間、ロングランで愛され続けるゲームを作りたいと思っています。世界に日本発でそのように愛されているゲームは今のところ『ポケモン』と『遊戯王』というキャラクターものしかありません。純粋な「 TCG ゲーム」でいうと、アメリカ発の『Magic: The Gathering』しかないので、日本発ではありません。日本から唯一、世界で長く愛されるTCG を作りたい、というのが私が思っていることです。

 

◇◇◇◆

>:

最後に、メッセージをお願いいたします。

 

 

宍戸:

我々は日本企業では誰もやったことの無い挑戦をしています。さあ、次のドアが開くか、開かないか。必ず開けますけれどね!(笑)

 

 

宍戸:

本当に叶えたいという意志があれば、必ず道は開く。世界と向き合うことができれば、ユーザーと一緒に成長し続けられる。そう信じています。」

 

 

◇◇◇◇

まさに「Force of Will」、意志の力で未開の地を切りひらき続けてきたチーム宍戸。彼らが諦めない限り、道はきっとひらかれるはずです。

これからも応援します!Cheers!

 

取材・文・写真:小縣拓馬

 

【是非Episoze公式SNSのフォローもお願いいたします。】

Twitterはこちら

Facebookはこちら

Cheer! を送る
1
<第3回>「意志/WILL」さえあれば、必ず道はひらく

Force of Will

トレーディングカードゲーム

Force of Willのエピソード