<第3回>「ズボラちゃん」のモデルは私?リーメント大好き社員の思い

<第3回>「ズボラちゃん」のモデルは私?リーメント大好き社員の思い

<第3回>「ズボラちゃん」のモデルは私?リーメント大好き社員の思い

リーメント

キャンディトイ、雑貨の企画開発・販売

◆◇◇◇

>:

前回>、「ぷちサンプルシリーズ」が幼少期から大好きで、リーメントに入社されたとおっしゃっていました。今までご担当された商品のなかで思い入れのある商品はありますか?

 

 

長尾:

ひとつ挙げるとすると、ぷちサンプルシリーズの「ズボラちゃんのお部屋事情」ですね。

 

>:

「ズボラちゃん」って、もしかして長尾さんがモデルですか?(笑)

 

 

長尾:

企画のテーマは「OLのリアルな一人暮らしを再現すること」です。たしかに、「私が一人暮らしをしたらこうなるだろうなぁ」という妄想がかなり企画に組み込まれているので、私がモデルかもしれませんね(笑)

 

>:

長尾さんは「ズボラちゃん」には見えなかったので、意外です(笑)

 

長尾:

そう言っていただけると嬉しいです(笑)。私自身は一人暮らしをしていないので、妄想に加えて、実際に一人暮らしされている女性へのインタビューを繰り返したり、本を読んだりしながら、「OL一人暮らしあるある」を詰め込んでいきました。

 

>:

一人暮らししていないとは思えないほど、本当にリアルです(笑)。

 

▲「裏が汚れたままの掃除道具」がリアルに再現されている。

 

長尾:

たとえば「上下違う下着が干されている」「裏が汚れたままの掃除道具」「物置と化した健康器具」など、細かい仕掛けをたくさん散りばめています。おかげさまでお客様には「あるある!」と共感いただけています(笑)

 

◇◆◇◇

>:

そんな数ある仕掛けの中で、特にこだわられたポイントはどこですか?

 

長尾:

私的には「タコ足コンセント」ですね。

 

▲実際に抜き差しできる、ミニチュア「タコ足コンセント」

 

>:

めちゃくちゃリアルですね・・・。

 

長尾:

これまでの「ぷちサンプルシリーズ」の中で、家に必ずあるものなのに、商品化されてこなかったものを必死に探した結果、出てきたのが「タコ足コンセント」でした(笑)。これ、別ラインナップに入っている「ヘアアイロン」のコンセントを本当に抜き差しできるんですよ!

 

>:

すごい!個人的には「レモネードガール」がとても気になりました。見覚えがあるような無いような・・・(笑)

 

 

長尾:

(笑)。これも、4巻ある漫画の最終巻が途中で開かれたまま放置されているから、「ハッピーエンドを迎える手前ぐらい」をコンセプトにして、中には漫画のシーンやセリフも描いています(笑)

 

>:

たしかに、「よかったら使って」「ありがとう」と描いてありますね。続きが気になります・・・(笑)

 

◇◇◆◇

>:

こういったパロディ企画もご自身でされているのですか?

 

 

長尾:

そうですね。パロディはある種リーメントの伝統芸でして、「ズボラちゃん」ではかなりパロディが盛り込まれています。空き段ボールに書かれているのは「プチゾン」ですしね(笑)

 

>:

ほんとだ(笑)。「ズボラちゃん」の販売が好調で、再販が決定したとお伺いしました。

 

長尾:

おかげさまで多くの20〜30代のお客様に共感いただくことができました。やはり開発担当としてはとても嬉しいですね。

 

>:

海外にもファンの方はいらっしゃるのですか?

 

長尾:

実は「ぷちサンプルシリーズ」はアジアの方の間でもとても人気になっています。ミニチュアのフィギュアを愛でる文化は日本人と共通するところがあるようです。

 

>:

リーメントの世界観がアジアにも広がっているのですね。

 

 

長尾:

おかげさまで、アジアの需要は年々増えています。これから、もっと商品の幅が増えていくと思うので楽しみですね。「ズボラちゃん」の生活がアジアの女性に共感いただけるかは定かではありませんが・・・(笑)

 

◇◇◇◆

>:

では最後に、読者の方々にメッセージをお願い致します。

 

 

長尾:

さりげないこだわりに注目してほしいですね。たとえば「ズボラちゃん」でコンタクトのケースがあるのですが、「ズボラちゃん」らしく、蓋が外れたままになっています。こういう細かいパーツが増えるほど、開発は大変になるのですが、「芸が細かい!面白い!」と思ってもらいたい一心で日々頑張っています。

 

>:

長尾さんご自身が、小学生の頃にリーメントの「細かさ」に感動されたとおっしゃっていました。<第1回

 

長尾:

そうですね。私は昔からリーメントの商品が大好きで、それが私の強みだとも思っています。

 

 

長尾:

なので、初めて商品を見てくださるお客様はもちろんのこと、私のように昔からリーメントの商品が好きな人にも、商品の細かさ・リアルさに感動いただけたら嬉しいです。

 

 

 

◇◇◇◇

リーメント「ぷちサンプルシリーズ」企画開発部・長尾さんのエピソード、いかがでしたでしょうか?

 

話を聞いていると、リーメントがヒット商品を連発できる秘密が少し垣間見えたような気がします。それはメンバー全員が「ミニチュアが大好き」ということ。

 

ぜひ一度リーメントの商品を手にとってみてください。思いもよらない驚きにたくさん出会えるはずです。応援します!Cheers!

(おわります)

 

取材・文・写真:小縣拓馬

 

【是非Episoze公式SNSのフォローもお願いいたします。】

Twitterはこちら

Facebookはこちら

Cheer! を送る
25
<第3回>「ズボラちゃん」のモデルは私?リーメント大好き社員の思い

リーメント

キャンディトイ、雑貨の企画開発・販売

リーメントのエピソード